ペットも高齢化の時代!介護が必要なシニア犬の改善法は?


動物への医療技術の進歩によりペットも高齢化の時代が進んでいるようです。
今では高齢となった愛犬は「シニア犬」と呼ぶようになっているそうですよ。



介護が必要になったシニア犬を、専用の施設に預けられる環境も
徐々に整ってきているようです。



まさにペットの高齢化と言えますよね。
こんな時代になっていたなんて驚きでした。


改善方法なども人間と同じ様な手法だったんです!



Sponsored Link





シニア犬の症状は?

犬は大体6歳を超えた辺りから高齢期とされています。
「高齢になったのかな」と簡単にみていると、
認知症など悪化した症状も出てきてしまいます。

やはり少しのサインでも見逃さないようにする心構えが大切のようです。



大まかなチェック項目ですが、

  • 起こしてもなかなか起きない、反応が薄い
  • 家族の近くで寝ようとする
  • 夜中に頻繁に泣くようになる
  • おもちゃ・来客者に感心を示さない
  • 頻尿気味になる
  • 歩き方もトボトボとしてくる
  • 白髪・フケが出てくる


  • など、老化のサインとなる症状は結構多くあるようです。
    なかなか判断は難しい気もしますが、
    某TV番組では特集をしていました。



    その時のシニア犬は施設に預けられていましたが、
    ずっとカゴの中を反時計回りにグルグル回っていました。
    夜中にはずっと吠えるようで、この犬は認知症が原因の行動でした。


    この犬は回る際に頭が擦れて毛が抜けていくようで、
    カゴの中には柔らかい素材の板でガードがしてある程悪化しているようです。


    僕は犬を買った時が無かったので知らなかったのですが、
    犬も認知症になる事実を知り衝撃を受けました。

    こうした不可思議な行動も注意する項目に入りそうですね。。



    改善方法は?

    シニア犬の介護を目的とした施設も出てきているようです。
    番組で紹介された施設では、
    整体やストレッチを行える
    という本格的なものでした。

    しかもシニア犬専用の足湯やバランスボールを用いたリハビリも!!(o゚Д゚ノ)ノ



    高齢なのもありますが、施術を行っている際はおとなしくしており、
    足湯なんかは気持ちよさそうな雰囲気も出ていましたよ♪



    こうしたリハビリ、本当に効くのかな?と思っていたら、
    椎間板ヘルニアで後ろ足を引きずっていた犬が、
    リハビリにより元気に走り回れるように回復した姿もありました!
    効果は絶大なんだな~と感動です!



    他にもオスのシニア犬に刺激を与えるために、
    若いメス犬の匂いをかがせるという方法もありました!

    このあたり、人間も動物も同じ感じしますよね!笑



    まとめ

    ペットの高齢化というのは想像も付きませんでした。
    犬意外にもこうした環境があるのでしょうか?

    今後どんどん増えていって欲しいですよね。

    ちなみに番組で紹介された施設は、
    「イオンモール幕張」の中にあるペット施設です。

    お店の地方進出を願います!!


    Sponsored Link


    ランダム記事はコチラ!

  • 二宮和也 姉の名前はじゅん・まさこ?腰に坐骨神経痛の持病持ち!
  • 前田敦子 結婚式姿がかわいい!化粧がむごいのではなく髪型が変!
  • 大島優子 ブラジルになぜ行ったの?帰国の飛行機も秘密だった?
  • えなりかずきはケチだった!?弟の大学と父親の職業は?
  • 映画 抱きしめたいの病気 急性妊娠脂肪肝の原因と予防法は?
  • 安田美沙子 エルメスで怒る恐妻に!?旦那は上越出身のデザイナー!
  • あわせて読みたい関連記事

      None Found

    Sponsored Link




    コメントを残す

    サブコンテンツ

    動物名人芸の動画集♪

    ブランカシリーズで腹筋崩壊!

    スタイリッシュなスケボームービー!

    info-zeroもおすすめ